スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王府井で やられた!

和階号 でお出かけした時のお話しなんですけど。

北京の街ではメジャーな繁華街の王府井(ワンフジン)にやって来ました。


日曜日とあって、すごいにぎやかです。      (拡大可)
P1030352s.jpg

しかし、へんはおは、故宮を2時間もウロウロしていたらハラ減ってハラ減って、何か食う物はないかいなと探したワケですよ。

なんだか読めないが、イモみたいだから食おう!
4個で5元(約75円)意外と高い。
P1030358s.jpg

おぉっ! ハラ減っていたからかどうかワカランが、ホクホクして美味いじゃん♪
P1030357s.jpg

コレは、ふるさとのお祭りの香具師(ヤシ)のお店で売っている食べ物にそっくりだなぁ?
日本では食わんが、せっかくココまで来たので食ってみようかな。
でも土の耳のナントカを炙った肉かぁ、怪しいなぁ・・・      (拡大可)
P1030360.jpg
おっ!コレもいけますねぇ。
ナンみたいなものに細かく切った肉を乗っけてあって、パクつくと美味ですねん。
P1030361s.jpg


コレはチョット挑戦出来ませんでしたよ。
ヒトデにサナギにサソリ。
更にコガネムシの様なゴキブリみたいな昆虫の串ざしと来たもんだ。 (拡大可)
P1030366s.jpg
まだ他にも沢山 「ココの国でしか食べられない」 昆虫のような不明な食べ物がありました(汗)



そして、とうとう ワナにはまった訳ですよ。

ずぅ~っと立ち食いしていたんで疲れちゃって、テーブルで食べられるお店で
小龍包 を頼んだんですよ。

そして出てきたのが、コレ!!
ありゃぁ~~ ヘンだぞ
点心にはトーシロなへんはおでも分るぞ!!
皮が、餃子ふうではなくて、肉まん系の怪しいやつだぞ!!   (拡大可)
P1030372s.jpg

ほうらやっぱりダマされた。
具がうすぅ~~くて、ほとんど具なしマンではないか!!
P1030373s.jpg
まったく、こう言う店がヌケヌケと営業しているから、イメージ落ちるんですよね。


商店街の責任者出て来い!
一見客がみんな引っ掛かってしまうじゃないか!

このお国のイメージアップのためにも、こんな詐欺まがいのお店追い出して、
まともなお店とチェンジしてちょーだい!!

 と、思われた方は ↓ ↓ ↓ を ポチっと 1票 よろしくお願いします。
          FC2 Blog Ranking




theme : 中国
genre : 海外情報

comment

Secret

土耳其はトルコですがな!

トルコのケバブですがな。おいしそうですね。羊肉もこうやって食べればなかなか美味なるものです。北京は回教徒が以外に多いのでそっち方面の料理もなかなか興味深いものがあります。看板に清真と表示があれば回教徒の食堂です。天津から北京に行って包子を食べることはないですよ。天津では狗不理をなぜ包子と言うのか知っていますか?肉饅頭屋の屋号ではありませんよ。
まあ、繁華街の食い物屋は日本でも同じで、インチキ野郎ばかりですよ。このごろじゃアイスクリームのてんぷらも売ってんだね。

No title

海星、サソリ、タガメ、コガネムシ、ムカデ、ゴキブリ、カメムシ。
・・・・・・・・(^^;;

中国人恐ろしいアル。







ソレソレ!

v-273鬼子
>トルコのケバブ
そうそう!なんて言うのか忘れてしまったんですよ。
わだかまりが解けて、やっとスッキリしました。

 で、天津では有名な(中国全土でも?)肉まん屋さんの狗不理をなぜ包子と言うかはわかりませんが、こんな話をどこかのネット記事で見つけた事を思い出しました。
直訳すると 「狗(犬)も振り向かない」 ほどまずいみたいな・・・

※ 天津の街に、「狗」と言う名前のお兄さんが小さな肉まんやさんをやっていて、お客の話かけにも振り向かず、毎日毎日あけてもくれても肉まんを作り続けウワサが広まり、「無愛想な店主のいるおいしい肉まん屋」で有名になって、いつか「犬も振り向かない」=「狗不理」をそのまま店の名前にしてしまったらしい。・・・・・

と言うふうに記憶していましたが、たぶんカナリ適当と思われますので、ぜひ添削お願いします。

PS:包子まがいの小龍包には閉口しました。 悔しいので、全部食ってやろうと思いましたが、あまりにまずくて半分食ってギブアップしました(爆)

No title

v-257 とんじい

哈哈哈!だいぶ中国の食べ物を受け付ける範囲が広まったと思いましたが、ギブアップ!

まだまだ修行が足りないですね(汗)

中国4千年の歴史は奥が深いデスワ。(爆)

狗不理私見

小生が、天津生まれの人に聞いた話ですが、諸説あるようなんですが、昔天津の街に誰もかまわず、犬も知らん顔のプータローが居たそうです(その人は、乞食だと言ってました)ある日金持ちの旦那が哀れんで、お前なにか特技があるかと聞いたそうな、それで包子なら作れますがと話したそうな、それなら作ってみれば、との話になって、作って売り出したら、それがバカウマ・バカウケで評判になったそうで、誰が作っているんだという話で、あの「狗也不理」のあいつだよてなもんで、以後美味包子を狗不理と呼ぶようになったとさ。
この話中国の南方人は不知道,そんなにうまくないのか、犬も食わないのかとか言い出すから、世の中広いよまったく。
東京の芝に中国料理の「狗不理」の看板を出していた、包子なんぞ売っていないインチキ・羊頭狗肉の大きな店があったんだけど、中国より悪いな、タチが。別の言い伝えがあったら是非教えてください。待ってます。それから、赤いちょうちんなんぞに羊頭なんて書いてある店見つけたら、売っているのは香肉(狗肉)ですので気をつけよう。冬場はおいしい鍋料理ではありますが。挂羊头卖狗肉ですよ。おっと!よだれが出てきたワイ!?

へぇ~!ダブルびっくり

v-273 鬼子

「狗不理ネタ」 面白いですね。 なんかもう一度 このネタ をメインでUPできるように関連ネタを収集しようかな。

いつもなにげなくすり抜けていくねたをメインネタよりも盛り上げてもらっちゃって・・・ ブログ主が自分のブログで楽しませていただき感謝しております。

>羊頭&挂羊=狗肉なんですか、”ひつじ” ではないんですね。びっくりです。 狗肉鍋って冬のご馳走らしいですね、好きな人はものすごい好きらしいですが、へんはおも食べて見たいような見たくないような・・・

やめておけ!

堅気の世界の人は、そんなもの食べるのをやめておけ!食べればあっち側の世界から、俺みたいに、永遠に抜けられなくなるぞ!

控えたほうがよさそうですね。

v-273 黒鬼子

止めておいたほうがよさそうですね。
へんはおも小学生のころ、ウサギの肉 を鶏肉と騙されて、解らず食べた事がありますが、「今の日本の常識」から考えれば「食材」ではないですね。
メンタル面で、あまりおいしいものではありませんでした。
犬は犬でも「狗不理」 のブタマンにしておきますね♪

彼の地の文化を許容できるかな?

食犬文化は朝鮮半島からタイにまで連なる食文化そのものなので、その文化を許容できるかどうかは、貴兄の判断に負うところです。まあ禁断の味と言う趣ですな。直接聞いた話だが、吉林省の朝鮮族のサッカーの試合では犬が賞品になったりするそうだ。また、タイでは、背の低い牛などと称して犬を食っている。広東人は味噌の味が好みのようだ。日本でも江戸時代などでは食していたようで、武家屋敷跡からよく犬の骨が出てくるそうだ。こんな話を聞いたことはありませんか、徳之島から東京の大学に通うことになった女性で、ある日、大学の友人の自宅を訪問したそうな、そこには大型犬を飼育していて、その女性「この大きさなら30人は食べられるな」とつぶやいたそうな、それを友人に聞かれて以後、その人の家へは出入り禁止になったとか。
ああそうだ、東京やその他の地域に近頃かなりあるが、延边口味とかの看板の出ているいかにも中国人経営の料理屋には、品のいい造りだが香肉おいてます。
しかし、冷凍物だな、あれは!
ここのところ、閑なのでつまらない香肉談義をしてしまい、ご容赦のほどを。

No title

v-273 黒鬼子

>延辺口味
いろんな呼名があるんですね。
意味も分らず興味本位でパクつくと痛い目に逢いそうですね。(汗)
日本国内でもあるんですね。猪鍋、熊鍋なんぞはカワイイもんですね。
へんはおのブロ友の dongfang サンとこのネタでは、役にたたない番犬は、食堂の脇に繋がれて・・・
あぁ~かわいそう!(汗)
http://dongfang.exblog.jp/1620276/

おあとがよろしいようで、この辺で ”狗ネタ” はオヒラキと言う事で。
ありがとうございました。 <(_ _)>
最新記事
コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
プロフィール

wohenhao7

Author:wohenhao7
2002年から天津のTEDA開発区に神出鬼没を繰り返しているケチな野郎です。
 へんはおの現在のいどころ
      〈 日 本 〉

中国各地のお天気♪
お友達リンク
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

へんはおに お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯からも どーぞ
QR
アフィリエイトもよろしく♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。